Twitterの埋め込み引用について/コスパコスメの引用ポリシー

私がレビューの時に一緒に載せている他の方のツイートの引用。
↓こんなやつです(これは私のツイートですが)

これはTwitterの「埋め込み引用機能」を使ったものなのですが、この機能を使って他の人のレビューを載せることが「モラル違反」ではないかという旨のご意見DMをいただいたので、この記事ではTwitter引用に対する私の考えを綴っておきます。

なかなかのボリュームになってしまったので要点をのせておくと

  • このサイトで使用している「埋め込み機能」は転載ではありません
  • 規約範囲内の「引用」です
  • 私は「Twitterとは投稿した時点で引用されるのを承諾しているもの」という認識です
  • 線引きが曖昧な「モラル問題」については、個人同士で主張しあっても不毛だと思いますので、Twitterのルールに則るのが基本と考えます
  • ご本人から引用の削除依頼を受けた場合は速やかに削除します

こんな感じです!

また当サイト「コスパコスメ」では以下の事項を守ってTwitterを引用しています。

  • Twitterの規約に添い、Twitterの機能を使って引用している
  • 自身のレビューやまとめに補足という形として載せている
  • 自身のレビューに見せかけるような引用はしない
  • 引用の範囲を超えない数にとどめている
  • 「埋め込み引用をしないで欲しい」とDMをいただいた方のツイートに関しては削除、今後の引用はしない

 

ちおひこ
ちおひこ
今回はコスメレビューではないので、興味のないかたは私のベストコスメをご覧ください〜!

\2019ベストコスメはこちら/

コスパ重視コスメブログが選ぶベストコスメ2019(メイクアップ8選)7月からこのブログ「コスパコスメ」を始めて早5ヶ月… 今年は韓国コスメにどっぷりはまった一年でした! それまで韓国コスメは「ミシ...
コスパ重視コスメブログが選ぶベストコスメ2019(スキンケア8選)7月からこのブログ「コスパコスメ」を始めて早5ヶ月… 今年は特に韓国のスキンケアを沢山試してきました! ずっと無印のスキンケアを...

 

 

Twitterの引用は規約違反ではないよ

まず、大前提として先程の「埋め込み引用」はTwitterが提供している機能です。
当然「埋め込み引用」を使っても規約違反になることはありません。
許可も必要ないとTwitterの規約に記載されています。
(つまり無断でもOKということ)

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社が、既知のものか今後開発されるものかを問わず、あらゆる媒体または配信方法を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります(明確化のために、これらの権利は、たとえば、キュレーション、変形、翻訳を含むものとします)。このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。ユーザーは、このライセンスには、Twitterが、コンテンツ利用に関する当社の条件に従うことを前提に、本サービスを提供、宣伝および向上させるための権利ならびに本サービスに対しまたは本サービスを介して送信されたコンテンツを他の媒体やサービスで配給、放送、配信、リツイート、プロモーションまたは公表することを目的として、その他の企業、組織または個人に提供する権利が含まれていることに同意するものとします。ユーザーが本サービスを介して送信、投稿、送信またはそれ以外で閲覧可能としたコンテンツに関して、Twitter、またはその他の企業、組織もしくは個人は、ユーザーに報酬を支払うことなく(ユーザーは、ユーザーによる本サービスの利用がコンテンツおよびコンテンツに関する権利の許諾に対する十分な対価であることに同意するものとします)、当該コンテンツを上記のように追加的に使用します。

出典:『Twitter』利用規約

 

詳しくは検索上位で出てきたこちらのブログさんの記事がわかりやすかったです!

「私のツイートが無断転載されました!」と騒ぐのは無知の証だからやめたほうがいい/Damonge Tech

他人のツイートのスクショ、画像だけを勝手に他のメディアに載せるのは規約違反です。
利用許可されているのは、あくまでTwitterの機能を使った「埋め込み引用」のみです。

また、この埋め込み機能は規約の範囲内なので「引用」であり「転載」とは言えません。
よく「無断転載」と言っている方がいますが、正しくは「(無断)引用」です。

引用とは、「自身の著作物の従たる範囲内で、他人の著作物を複製、掲載すること」です。後述する転載の場合、「自身の著作物の従たる範囲を超えて」という表現なのに対し、「範囲内で」となっている点が特徴です。

引用元:https://nettrouble.docomo.ne.jp/pages/article32/

↑これも「引用」です(しつこい笑)

 

 

モラルってなんだろう?

次は「許可なく勝手にブログに引用するのはモラル違反ではないか」といったご意見について私なりの考えを述べます。
そもそも「モラル」とは人の考えや価値観によって変わるきわめて曖昧なものであることから、私は「モラル」よりも「ルール(規約)」を重視しています。

ーーーーーーーーーーーーーー

皆さんTwitterで引用リツイートはしませんか?
私は「ブログでの埋め込み引用」と「Twitterでの引用リツイート」は同線上にあると考えています。

実際に他の方のツイートに対して引用リツイートを使って意見する「勝手に引用リツイートする行為」にも「モラル違反」と感じる人はいるみたいです。
(もちろん規約的にも何の問題もありませんが、実際にトラブルが起きていました。)

では、不快に思う方がいるから「勝手に引用リツイートする行為」はやめた方がいいのでしょうか?
Twitterの機能であるはずの「引用リツイート」を許可なくしちゃいけないモラルというのも…ちょっと暴論すぎな気もしませんか…?
(私は指摘されてしまったらツイートを消すくらいの配慮は必要かな派ですが)
ここらへんも人それぞれ違う意見があると思います。

他にも引用した後からの報告はダメあるいは良い、Twitter内でなら良い、フォロワーだったら良い、否定的なコメントでなければ良い…などTwitter内検索してみても独自ルール(モラル)が山のように出てきて、一律ではありませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーー

このような線引きが非常に曖昧な「モラル問題」については、個人同士で主張しあっても不毛だと思いますので、やはりTwitterのルールに則るのが基本と考えます。
ネットモラル全体について議論すること自体に意味がないということではなく、上に「規約」があるのに独自ルールを定め、個人間で押し付けるのは違うんじゃないかということです。

※この無許可で引用できてしまう機能に納得がいっていないのであれば、一個人や一メディアに自分の考えを主張するよりも①Twitter社に直接規約を変えるように意見を申すか②ユーザー全体にきちんと問題提起するか③自分がTwitterから離れるかの方法を行なうべきだと考えます。

 

私自身のTwitterモラルについての考え方としましては、まとめるとこんな感じです。

  • 「Twitterとは投稿した時点で引用されるのを承諾しているもの」という認識
  • そのため自分のツイートを引用されても気にならない
  • 気軽に引用、拡散できる点がTwitterの「良さ」だと思っているので、その「良さ・利便性」は活用していきたいと思っている
  • でも全てが自由だとも思ってはいないのでご本人の目についてご本人からのご意見があれば速やかに消したい

もちろん、Twitterの規約が変わればそれに従います。

 

 

「コスパコスメ」的
Twitter引用ポリシー

長くなってしまってすみませんが
(ここまで読んでくれている方がいるのかな…笑)

私もただ「規約でオッケーだから」という理由で適当に埋め込み引用をしている訳でもないので、自身のポリシーを主張させてください…。

また当サイト「コスパコスメ」では以下の事項を守ってTwitterを引用しています。

  • Twitterの規約に添い、Twitterの機能を使って引用している
  • 自身のレビューやまとめに補足という形として載せている
  • 自身のレビューに見せかけるような引用はしない
  • 引用の範囲を超えない数にとどめている
  • 「埋め込み引用をしないで欲しい」とDMをいただいた方のツイートに関しては削除、今後の引用はしない

「あくまで自分自身レビューの付け足しとして」「その上で読者の方により色々な意見を届けたい」というポリシーに基づいて行なっています。

 

私のブログ「コスパコスメ」に関しては、私のTwitterのDMに連絡していただければ過去の引用の削除&今後引用を控えることができますので一報下さい。
自分のツイートが引用されているかどうかはトップページ左上の検索ボタンに自分のIDやアカウント名を検索すれば調べられます。

ちおひこのTwitter

(今のところ自分のポリシーを変える気持ちはないですが)
私のブログをみて嫌な思いをする方がいるのは本望ではないので、今後の反響によっては埋め込み引用の全消しも考えています。
ただ、モラルの押しつけが苦手、自分が納得していないと曲げられないという性格もあり、全ての方の意見を反映させることは難しいと思います。
また、ひとつひとつ承諾を受けてから引用する方法は時間がかかりすぎてしまう為、行なわない予定です。

 

 

埋め込み引用されたくない場合はどうすればいいか

私が埋め込み引用をやめたとしても、Twitterに埋め込み機能がある限り(規約が変わらない限り)他のメディアにも埋め込み引用は許されています。

では、埋め込み引用をされたくない場合はどうすれば良いのか。
なんとなく思いつくものを挙げてみました!

  1. 他のメディアを使用する
  2. 鍵アカウントにする
  3. 埋め込まれた元ツイートを消す
  4. 引用しているメディアにメッセージを送る
  5. ツイートに引用禁止と付け加える
  6. 名前に「引用禁止」などと載せる
  7. (プロフィール欄に引用禁止などと載せる)

おすすめはTwitterではなくブログやインスタグラム、LIPS、noteなどでのレビューに変えることです。
(インスタグラムの引用規約はグレーなので引用される可能性もあります、またLIPSだとLIPS運営を通して引用されることはあるみたいです。)

「引用禁止」の意思の伝え方はプロフィール欄よりは名前に載せた方が効果あると思います。(名前やプロフィール欄に載せたとしても規約的拘束はないのでこちらも最終的にはモラルの問題となるかと思います。)

 

最後に…

意見をごちゃごちゃに散りばめてしまって、すごく読みにくい文章になってしまいすみませんでした…。
(ここまで読んでくださった方…いましたら本当にありがとうございます…)

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!
良かったらコスメレビューもご覧ください◎